Loading...

gallery
BACK

BIG VISION WALL KAKOGAWA

December 2021

「アリオ加古川」に設けられた情報発信ボードのアートディレクションを担当。加古川を代表する4種類の文化・産業を取材して、それぞれにまつわる数字を切り口に来訪者の視点で構成。加古川の魅力を地元の方々に再発見してもらう記事展示として組み上げました。

  • ブランディング
  • アートディレクション
  • グラフィックデザイン
  • 撮影・コーディネート
  • 構成・編集
Auther’s
Note

「ビッグビジョンウォールと名付けられた情報発信ボードのディレクションで、これは雑誌の記事作りのようなものです。加古川の魅力を地元の方々に再発見してもらう狙いがあるのですが、その“気づき”が伝わりやすいよう来訪者の視点で構成しています。また、ただ写真と文書を並べるだけでは読んでもらいにくいと考え、取材中に気になった数字をピックアップして、デザインのアクセントとして配置しています。『この数字、どんな意味なんだろう?』の興味を入口にして、記事に没入してもらう仕掛けです。
 取り上げる対象となったのは、登録有形文化財の多木浜洋館、将棋棋士、国包建具、靴下の4つ。どれも撮影を含めた取材を行って話を窺っていくのですが、その土地土地の誇りに触れていく体験それ自体も、とても楽しくてありがたいものです」

TOPへもどる