Loading...

gallery
BACK

At Family in Kurashiki

April 2018

岡山県倉敷市のショッピングモール「アリオ倉敷」に設けられたイートインスペースのアートディレクションを担当。倉敷を代表する4企業とのコラボレートにより、地場の素材や意匠をふんだんに取り入れた“倉敷ならではの空間”を作りだしました。

  • ブランディング
  • アートディレクション
  • グラフィックデザイン
  • 構成・編集
Auther’s
Note

「ショッピングモールは基本的に、全国どの場所でも同じような空間で構成されています。加えて、ショッピングモール自体が、商店街などその土地に元々あった存在と対極にあるものと思われがちです。そこで、ショッピングモールにも地域性を取り込むことを第一に考えてアートディレクションを行いました。
 まずはショッピングモールを最も多く利用するファミリー層、特に子供を連れたお母さんたちが過ごしやすいよう、イートインスペースに小上がりとキッズスペースを設けました。そこに倉敷を代表する4企業のマテリアルを採用し、細部のあしらいにも取り入れることで、地元の人たちに愛される空間になることを狙っています。
 具体的には、小上がりの畳縁は高田織物さん、サインに使われた帆布地はタケヤリさん、壁面・パッチワークに使われたデニム地はショーワさん、吹き抜けに使われたミニチュアデニムはグラフゼロさんのものです。そこで過ごすだけで地元倉敷らしさに触れられるだけでなく、デニム地をふんだんに使った青い空間はアリオ倉敷内のランドマークにもなる。それによってショッピングモールのイートインスペースの空間デザインに、新しいスタンダードを生み出せないかと考えていました」

TOPへもどる