Loading...

gallery
BACK

Yokohama Printing Class

December 2019

横浜市立大岡小学校5年1組で行われたバンダナ制作の授業に、吉水卓が「デザインの先生」として登壇。横浜開港160周年をテーマに生徒がデザインしたバンダナは横浜捺染の職人によって商品化され、東急ハンズ横浜店で実際に販売されました。

  • アートディレクション
  • イベント
Auther’s
Note

「横浜駅で『YOKOHAMA HOZONHOZON』を見てくれた子供たちから『授業で作るバンダナのデザインしてください』という手紙が届いたのが、大岡小学校での授業のきっかけです。授業は『横浜伝統の横浜捺染という技術を使って、横浜開港160周年をモチーフにしたバンダナをつくる』という内容だったので、せっかくの機会だから我々ではなく子供たち自身にデザインしてもらうことにし、デザインの思考を教えることにしました。
 30人の子供たちには『絵は誰でも描けることで、上手い下手もない』ということと『モチーフである横浜は自分自身のすぐ側にたくさんある』ということを伝えて、自由に横浜の絵を描いてもらいました。最終的にできあがった30枚の絵を我々が組み合わせて、1つの大きなグラフィックに仕上げています。東急ハンズ横浜店で商品として販売されたところまで含め、子供たちにとって良い勉強になってくれていたら嬉しいです」

TOPへもどる