• TOP
  • News
  • 「ひつじのショーン アート&チャリティプロジェクト」チャリティオークションin 代官山T-SITE

News

「ひつじのショーン アート&チャリティプロジェクト」チャリティオークションin 代官山T-SITE

2017.02.07 SwimmyDesignLab

3月5日(日)「ひつじのショーン アート&チャリティプロジェクト」のフィナーレとなるチャリティオークションを開催します!

 

2016年5月の渋谷から始まり、二子玉川、大阪、横浜と大行進を続けた「ひつじのショーン アート&チャリティプロジェクト」、いよいよ最終目的地の代官山T-SITEでチャリティオークションを開催します。

 

本プロジェクトは、さまざまな分野で活躍されている著名なアーティストらによってデザインされた、世界で一つだけのショーンのオブジェを展示し、展示後に行われるチャリティオークションを通じて、日本の子どもたちを笑顔にすることを目的としています。Taku Yoshimizuも同プロジェクトに参加。オリジナルショーンに「GENKI」を注入した衝撃的な作品「プレーリーショーン」を発表しました。さらに渋谷駅ハチ公前でのオープニングイベントではシブヤの街並みをモチーフにした未完成の特大ショーン「シブヤ系ショーン」を発表し、子供達とのライブペイントでショーンをカラフルに仕上げました。

 

アーティスト達がデザインした個性豊かな特大サイズのショーンは見ているだけでも楽しいです。パドル式オークションの独特な雰囲気も間近で堪能でき、その気になれば、世界で1匹だけのショーンを購入することもできます。是非お立ち寄りくださいっ!

 


 

日程:2017年3月5日(日)
場所:代官山T-SITE GARDEN GALLERY
参加方法:当日会場でのパドル式オークション、及びWEB事前入札(予定)

 

 


 

参加アーティスト/団体/ブランド:29組(以下詳細)

庵野秀明(映画監督・プロデューサー)
山下いくと(デザイナー)
安野モヨコ(漫画家)
國重友美(書家)
山口裕子(ハローキティ デザイナー)
ブリティッシュ・カウンシル
渡辺おさむ(現代美術作家)
ひつじのショーン
サンダーバード ARE GO
Nick Park(Aardman)
00000060_00000743_00008310.jpg
Peter Lord(Aardman)
Richard Starzak(Aardman)
Aurélien Prédal(Aardman)
Danny Heffer(Aardman)
Merlin Crossingham(Aardman)
山本太郎(ニッポン画家)
市原淳(イラストレーター)
藤浩志(美術作家)
TakuYoshimizu(Art Director)
河地貢士(現代美術作家)
海外竜也(ファッションデザイナー)
Hana4(ネイルアーティスト)
SHOGO SEKINE(ILLUSTRATOR)
ファンタジスタ歌麿呂(アーティスト)
伊藤有壱(アニメーションディレクター)
クライン ダイサム アーキテクツ(建築家ユニット)
Paddington
Zeebra(アーティスト 「クラブとクラブカルチャーを守る会」会長)
雨宮慶太(映画監督)
日本赤十字社

 


 

© & ™ Aardman Animations Ltd. 2016
© Shaun IN JAPAN PROJECT